いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 深川から大垣までを、50日でたどる

<<   作成日時 : 2006/03/16 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

えんぴつで奥の細道

元禄二年(一六八九)の早春に出立、日光、平泉を巡って日本海に出、金沢を経て大垣にいたるまでの一六〇日の大行脚。

ひと文字、ひと文字、少しずつ。芭蕉の言葉を書き写してみませんか?
名句の数々、文字を丁寧になぞることであなた自身の旅が始まります。
芭蕉がもっとも強く心血を注いだ散文『奥の細道』を深く味わう、まったく新しいテキストブック。『奥の細道』全文収録、江戸から大垣までを全五〇章に再構成。

[目次]
序章―月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。
旅立―弥生も末の七日、明ぼのゝ空朧々として、
草加―ことし元禄二とせにや、奥羽長途の行脚、
室の八島―室の八島に詣す。
仏五左衛門―卅日、日光山の麓に泊る。
日光―卯月朔日、御山に詣拝す。
黒髪山・曾良―黒髪山は霞かゝりて、雪いまだ白し。
裏見の滝―廿余丁山を登って滝有。
那須の黒羽へ―那須の黒ばねと云所に知人あれば、
黒羽―黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信る。
 ほか
えんぴつで奥の細道

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
深川から大垣までを、50日でたどる いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる