いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS “夜回り先生”水谷修さんの最新刊、『あした笑顔になあれ』

<<   作成日時 : 2006/06/17 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あした笑顔になあれ 夜回り先生の子育て論

“夜回り先生”水谷修さんの最新刊。
青春時代の挫折と悩み、そして出会い。
夜回り先生の子どもに対する優しさの原点を感じることができる本です。

子どもと親との真の触れ合い、和解への熱きメッセージ
子どもと大人とのこころの出会い、明日はそれからしか来ない

青春時代のヨーロッパ留学への旅、挫折とさすらいのなかで出会った、サーカス団などのこころ優しさ、そして傷心の帰国で身にしみた母と恩師の深い慈しみ。
夜回り先生の子どもへの優しさ、人間への信頼の原点がいま初めて明かされます。
夜回り先生は訴えます。
「親だけで子どもを育てられると思わないで、子どもたちにいい大人との出会いをたくさんつくってあげてください。子育ての勝負は『いま』ではありません。子どもたちの明日の笑顔、夢をみんなで育てましょう」と。

[目次]
●はじめに
●第一章 追いつめられる子どもたち
夜眠らない子どもたち
攻撃的な社会のなかで
大人はずるい
大人になんかなりたくない
「考える力」のない子どもたち
指示型の子育て
こころを閉ざして
ことばに救いを求めて
援交、偽りの触れ合い
子どもたちに迫る魔の手
「子どもたちにどんどん売れ」
●第二章 こころを病む子どもたち
虚ろな目
夜眠れない子どもたち
自傷はこころの叫び
快感が依存に
リストカット
生きるために切る
OD(薬の大量摂取)
処方薬の乱用
ほんとうの治療とは
不登校と引きこもり
原因を探す
親をサポートする
人を癒す力
摂食障害
専門医の介入を
「死にたい」
過去にとらわれて
悲劇のヒロイン「自分病」
希薄な人間関係
●第三章 子どもたちの明日のために
二一世紀はこころの時代
「こころの時間」に合わせる
落ちこぼれにさせられた子どもたち
無限の可能性
できなくてあたりまえ
定時制高校
「夜回り先生」
「いいんだよ」
ほんとうの教育とは
異文化での出会い
自ら出会いを求めて
「考えること」を学ぶ
矛盾との闘い
教え子たち
性を教える、教えない
命の尊さ
愛とは何か、性とは何か
寺子屋教育のすすめ
地域で子どもを育てる
笑顔
親は子育ての素人
子育ては「夢」

編集後記


あした笑顔になあれ 夜回り先生の子育て論
水谷 修

4535584702

関連商品
夜回り先生こころの授業
いいじゃない いいんだよ―大人になりたくない君へ
夜回り先生 2 (2)
夜回り先生 1 (1)
こどもたちへ 夜回り先生からのメッセージ
by G-Tools
あした笑顔になあれ 夜回り先生の子育て論

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
“夜回り先生”水谷修さんの最新刊、『あした笑顔になあれ』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる