いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費社会が人間に及ぼす影響とは『「自由な時代」の「不安な自分」』

<<   作成日時 : 2006/06/26 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「自由な時代」の「不安な自分」―消費社会の脱神話化

ブランド、オタク、ケータイなど、消費社会が人間に及ぼす影響とは何か?
ベストセラー『下流社会』の著者が、大量生産・大量消費の時代をひもとく!

1920年代アメリカから始まった大量生産・大量消費は、人々の欲望を喚起した。
だがやがてその欲望は我々の生活を隅々まで支配し、統御困難な状況に陥れた。
挙げ句、行き着いた果てが、人々の「自己分裂」ではないだろうか?

ベストセラー「下流社会」の著者が、流行・風俗の変化から、社会構造を考察します。
「自由な時代」の「不安な自分」―消費社会の脱神話化

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
消費社会が人間に及ぼす影響とは『「自由な時代」の「不安な自分」』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる