いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS “何か”を抱えた11人の女性たちを描く『ジーンズをはいた女神たち』

<<   作成日時 : 2006/06/02 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジーンズをはいた女神たち

年齢も境遇も異なる11人の女性たちの世界を、男性作家である凪沢了がそのほとんどを女性の視点や語り口で描いた12章から成る短篇小説集。

恋人から言われた思いがけない一言に、ひとつの恋が終わったことを知るエツコ。
永遠にも思える孤独と向き合いながら、まるで深海魚のように静かに身を潜めてひとり生きるユウコ。
家族の問題も、友だちとの関係も、小さな胸で必死に受け止めながら、クラスメイトの少年への、恋と呼ぶには幼すぎる想いを抱く、少女・カノ。
若かりし頃、情熱のすべてを注ぎ込んだ恋愛を、恋に悩む青年に静かに語る、Y〈イグレック〉。
愛しい人なのに、一緒にいても心が見えない、二人の未来が見えないことに、言い知れぬ不安を抱くトモヨ。
夫の浮気を知った時、幼い頃見た両親の諍いの場面が甦り、それが脳裏から離れられなくなる、エリカ。
ある時、互いにそれぞれ小さな秘密を持ってしまった夫婦、弘一とカヲル。
そして、サチエ、リサ、ヨソコ、のぞみ…。

傍目には平凡と思われるその日常の中で、さまざまな問題に直面するが、時に拮抗し、時に身をまかせながら生きていく女たち。
そんな女性の心の不思議さを、決して誰も汚すことのできない領域があることを、本書では繊細に、丁寧に、綴っています。
女性にとっては、どこか必ず共感できる一文に出会える、そして、自分の生きてきた道をゆっくりと見つめなおすことができる小説集といえるでしょう。
ジーンズをはいた女神たち

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
“何か”を抱えた11人の女性たちを描く『ジーンズをはいた女神たち』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる