いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 直木賞作家・角田光代の珠玉の短編集『彼女のこんだて帖』

<<   作成日時 : 2006/08/26 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

彼女のこんだて帖

直木賞作家・角田光代が料理をキーワードにして書き上げた珠玉の短編集。
小説中に登場する料理のレシピも掲載されているので、まさに1粒で2度美味しい作品です。

ー 表紙イラストの魚喃キリコさんの感想 ー
「ゆっくり、大切に読みました。すごく好き。話のあちこちに「おかあさん」へのありがとうがあるなあって思いました。」

短編小説の名手、角田光代が開いた新しい小説世界は、料理とのコラボレーション。
涙あり、笑いあり、そしてふと胸つまるときもある傑作短編15編のキーポイントは「料理」。
無骨な男が亡き妻を想いながら作る豚柳川、働きながらひとり子育てをした母が思わず涙したかぼちゃの宝蒸し、恋の痛手をなぐさめたラムのハーブ焼き‥‥。
角田光代が小説中に巧みに、鮮やかに描いた料理のレシピを再現して小説と合わせて掲載!
小説で感動したら、さっそくその料理を作って味わってみることができる画期的な本です。
[目次]
登場する料理
1話 泣きたい夜はラム 
・ラム肉のハーブ焼き
・野菜と生ハム、パルミジャーノのサラダ
・そら豆のスープ 
2話 恋のさなかの中華ちまき
・中華ちまき 
3話 ストライキ中のミートボールシチュー
・ミートボール入りシチュー
4話 かぼちゃのなかの金色の時間
・かぼちゃの宝蒸し
5話 漬けもの名鑑
梅干しとぬか漬け
6話 食卓旅行 タイ篇
・タイ風焼きそば
・タイ風さつまあげ
・はるさめサラダ
・タイ風オムレツ
・春巻きスティック
7話 ピザという特効薬
・ピザ
8話 どんとこいうどん
・手打ちうどんとかけうどん
9話 なけなしの松茸ごはん
・まつたけごはん
10話 恋するスノーパフ
・スノーパフ
11話 豚柳川できみに会う
・豚柳川 
12話 合作、餃子鍋
・ぎょうざ鍋と手作りぎょうざ
13話 決心の干物
・あじといかの一夜干し
14話 結婚三十年目のグラタン
・糖尿病予防の料理3品

●角田光代さん
現在、注目の作家で20〜30代の女性に人気。
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
90年「幸福な遊戯」で「海燕」新人文学賞を受賞しデビュー。
96年「まどろむ夜のUFO」で野間文芸新人賞、
98年「ぼくはきみのおにいさん」で坪田譲治文学賞、
「キッドナップ・ツアー」で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、
2000年路傍の石文学賞を受賞。
2003年「空中庭園」で婦人公論文芸賞を受賞。
2005年『対岸の彼女』で第132回直木賞。
2006年「ロック母」で村上春樹、桐野夏生など他の候補を抑えて川端康成文学賞を受賞。
彼女のこんだて帖

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
直木賞作家・角田光代の珠玉の短編集『彼女のこんだて帖』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる