いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS スタジオジブリ最新映画「ゲド戦記」の原作

<<   作成日時 : 2006/08/03 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲド戦記 全6冊セット

スタジオジブリ最新映画「ゲド戦記」の原作がこちら。

ゲド戦記(ゲドせんき)は、アーシュラ・K・ル=グウィンによって書かれ、1968年から2001年にかけて出版されたファンタジー小説。
『指輪物語』・『ナルニア国ものがたり』と合わせ、世界三大ファンタジーの一つと言われています。

太古の言葉が魔法の力を発揮する多島世界(アーキペラゴ)・アースシーを舞台に、並はずれた魔法の力をもつ男ゲドが繰り広げる波瀾万丈の生涯を軸に、アースシー世界の光と闇を描く、壮大な物語です。
●影との戦い
―― ゲド戦記I ――
ゲドは、自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ、真の魔法を学ぼうと、魔法使いの学校に入る。進歩は早かった。得意になった彼は、禁じられた呪文を唱え、死の国の影を呼びだしてしまう。
●こわれた腕環
―― ゲド戦記II ――
魔法使いのゲドが影と戦ってから数年後、ここアースシーの世界では、島々の間に争いが絶えない。ゲドは世の中を平和にする力をもつという腕環を求めてアチュアンの墓所へゆき、大巫女アルハと会います。
●さいはての島へ
―― ゲド戦記III ――
魔法の館の長としてアースシーを治める大賢人ゲドのもとに、ひとりの青年が知らせをもってきた。彼の国では魔法の力が衰えて人々は無気力になり、まるで死を待っているようだと。いったい何者のしわざか魔法の館の長としてアースシーを治める大賢人ゲドのもとに、ひとりの青年が知らせをもってきた。彼の国では魔法の力が衰えて人々は無気力になり、まるで死を待っているようだと。いったい何者のしわざか?
●帰還
―― ゲド戦記最後の書 ――
平和と秩序を回復するために全力をだしきった大賢人ゲド。久々に故郷の島に帰った彼は、心身ともに衰えた一人の初老の男になっていた。彼が受け継いだ太古の魔法はどうなるのか。ゲドのその後は……。
●アースシーの風
―― ゲド戦記V ――
故郷の島でひっそりと余生を送るゲドのもとへハンノキというまじない師が訪れ、物語は再開する−。最近また竜が暴れ出し、緊張が高まるアースシー世界。顔に大やけどを負う少女テハヌーは、王宮に呼び出され、重要な使命を与えられる。
●ゲド戦記外伝
5つの物語(「カワウソ」「ダークローズとダイヤモンド」「地の骨」「湿原で」「トンボ」)と、作者による詳しい解説を収める〈外伝〉。作者の構想したアースシー世界の全貌が鮮やかに見えてくる、「ゲド戦記」ファン必見の一冊です。


ゲド戦記 全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン 清水 真砂子

4002031187

関連商品
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
ブレイブ・ストーリー (上)
by G-Tools
ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
スタジオジブリ最新映画「ゲド戦記」の原作 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる