いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰もが十代に戻れる小説『バッテリー』

<<   作成日時 : 2006/08/05 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バッテリー

「そうだ、本気になれよ。本気で向かってこい。
―関係ないこと全部捨てて、おれの球だけを見ろよ」中学入学を目前に控えた春休み、岡山県境の地方都市、新田に引っ越してきた原田巧。
天才ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、それゆえ時に冷酷なまでに他者を切り捨てる巧の前に、同級生の永倉豪が現れ、彼とバッテリーを組むことを熱望する。
巧に対し、豪はミットを構え本気の野球を申し出るが―。。。
『これは本当に児童書なのか!?』ジャンルを越え、大人も子どもも夢中にさせたあの話題作が、ついに待望の文庫化です。

少年野球の話なのですが、それでいて、この本が描いているのは野球ではなく少年たちや周りの大人たちの心の動きです。
中学入学を目前に控えた春休み、主人公の自分自身を過信する気持ちや、男としてのプライド、バッテリーを組むことになるキャッチャーとの心のふれあい、そんな思春期の少年の心の内が描かれています。
子供も大人も必ず楽しめる内容です。


バッテリー
あさの あつこ

4043721013

関連商品
バッテリー〈2〉
バッテリー 3
バッテリー〈4〉
バッテリー〈2〉
バッテリー〈5〉
by G-Tools
バッテリー (角川文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
誰もが十代に戻れる小説『バッテリー』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる