いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本代表・オシム監督の秀抜な語録『オシムの言葉』

<<   作成日時 : 2006/08/08 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

「リスクを冒して攻める。その方がいい人生だとは思いませんか?」

サッカー日本代表監督に就任したオシムの名言、いわゆる「オシム語録」をまとめた1冊。
発売直後から、サッカーファンには注目を受けていたこの作品ですが、ワールドカップイヤーの今年、見事に時流にはまって、話題沸騰中です!
そして、今年の第52回青少年読書感想文全国コンクール高校生の部の課題図書にもなりました!
ぜひ、今こそ読んでみてはいかがでしょうか。
厳しさとユーモアに溢れる言動は、選手はもちろんファンの心をわしづかみにします。

イビチャ・オシム−東京オリンピックにユーゴスラビア代表として来日。
サイクリング中に農家の人に梨を振舞われて以来の親日家。
サラエボにうまれバルカンの民族紛争に翻弄されつつも、フットボールを愛しつづけ世界中から高い評価を受けている。
−その人となりはオシム語録に集約されています。選手を愛し、ファンを大切にし、勝つ為の練習を工夫する。
サラエボから来た世界的名将はなぜ人の心を動かせるのか?
Jリーグ屈指の美しい攻撃サッカーはいかにして生まれたのか。
ジェフ千葉を初タイトルに導いた名将が、秀抜な語録と激動の半生から日本人に伝えるメッセージ。

[目次]
第1章 奇妙な挨拶
第2章 イタリアW杯での輝き
第3章 分断された祖国
第4章 サラエボ包囲戦
第5章 脱出、そして再会
第6章 イビツァを巡る旅
第7章 語録の助産夫
第8章 リスクを冒して攻める
第9章 「毎日、選手から学んでいる」


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦

4797671084

関連商品
悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡
ジョゼ・モウリーニョ
終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ
サッカーでメシが食えるか?―サッカーのお仕事大紹介
by G-Tools
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本代表・オシム監督の秀抜な語録『オシムの言葉』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる