いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 『浮世でランチ』-「人のセックスを笑うな」の山崎ナオコーラさんの2作目

<<   作成日時 : 2006/09/25 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

浮世でランチ

元長野県知事のあの田中康夫さんに「思わず嫉妬したくなるほどの才能」と言わしめた山崎ナオコーラの、文芸賞受賞第1作。
前作『人のセックスを笑うな』から待ちに待った山崎ナオコーラさんの2作目です。
いつもひとりでランチをとる25歳のOLが主人公。
人との距離感を上手に取れない彼女は、いつも一人浮いていた。
会社を辞め、アジアを旅し、また別の会社に就職する彼女。
相変わらずひとりでランチをしているけれど、前より少しだけ人とコミュニケーションが取れるようになっていきます。
25歳OLが“世界”に触れる、一瞬の奇跡を描き出す感動作です。

私がこの会社にいるのは、あとひと月ちょっとだ。いつもひとりで昼ごはんを食べている−。
明日の私は、誰とごはんを食べるの?
人と関わる意味って、何だろう?
25歳のOLが“世界”に触れる、一瞬の奇跡を描き出す感動作。
雑誌掲載時より「しみた!」など読者の共感の声続々の文藝賞受賞第一作です。

山崎 ナオコーラ (ヤマザキ ナオコーラ)   
1978年生まれ。「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞を受賞。
「思わず嫉妬したくなる程の才能」等、選考委員に絶賛される。
『浮世でランチ』は文藝賞受賞第一作。
他著書に『人のセックスを笑うな』。


浮世でランチ
山崎 ナオコーラ

4309017789

関連商品
人のセックスを笑うな
by G-Tools
浮世でランチ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『浮世でランチ』-「人のセックスを笑うな」の山崎ナオコーラさんの2作目 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる