いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一次世界大戦中の模範収容所で起きた奇跡の実話「バルトの楽園」

<<   作成日時 : 2006/09/06 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バルトの楽園

■監督 出目昌伸
■出演 松平健/ブルーノ・ガンツ阿部寛/國村隼/大後寿々花/高島礼子
■ジャンル 邦画戦争

1914年、第一次世界大戦下。
日本軍にドイツの極東根拠地・中国の青島(チンタオ)を攻略されたドイツ軍は、兵士4700人が捕虜として日本各地にある収容所へと送還されてしまう。
恐怖におののく捕虜たちだったが、徳島県鳴門市にある板東俘虜収容所の所長を務める松江豊寿は、捕虜達の人権を遵守する人物だった…。

第一次世界大戦中の板東俘虜収容所で起きた奇跡の実話をベースに、「きけ、わだつみの声」の出目昌伸監督が総製作費15億円をかけて描いた感動のドラマ。
生きる自由と平等の信念を貫き通した収容所の所長・松江豊寿を演じる松平健を始め、日本からは阿部寛、高島礼子、國村隼、市原悦子、大後寿々花らが、海外からは「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツ、実力派俳優オリバー・ブーツらが出演し、見事な演技のアンサンブルを生み出しています。

バルトの楽園 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第一次世界大戦中の模範収容所で起きた奇跡の実話「バルトの楽園」 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる