いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 先日死刑確定が決まった松本被告、“オウム真理教”のドキュメンタリーDVD

<<   作成日時 : 2006/09/18 14:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロジェクトX 地下鉄サリン救急医療チーム 最後の決断

1995年9月、地下鉄サリン事件から半年後。
テレビディレクター森達也は、事件を引き起こしたオウム真理教(現アーレフ)の教団広報担当者・荒木浩を被写体としたドキュメント番組の企画を立ち上げ、翌年3月から撮影を開始しました。
だが、一方的に悪の教団としてオウムを描こうとするプロデューサーと意見が対立し、森は契約を解除された。
その後、森は自主製作で企画を進め、数多くの自主製作映画を手掛けてきたプロデューサー・安岡卓治と出会い、その後1997年の4月まで森と安岡はオウム施設内部に視点を置き、オウムとオウムを取り巻く社会双方を撮影し続けました。
そして、136時間に及ぶ素材テープを編集したのがこの作品です。
山形国際ドキュメンタリー映画祭への出品をはじめ一般劇場での公開も実現したが、各方面から賛否両論の物議を醸した異色のドキュメンタリーです。


プロジェクトX 地下鉄サリン救急医療チーム 最後の決断
プロジェクトX

B000EBFOZG

関連商品
緊急招集(スタット・コール)―地下鉄サリン、救急医は見た
by G-Tools
プロジェクトX 地下鉄サリン救急医療チーム 最後の決断 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
先日死刑確定が決まった松本被告、“オウム真理教”のドキュメンタリーDVD いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる