いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日はまた昇る」のビル・エモット最新作 『これから10年、新黄金時代の日本』

<<   作成日時 : 2006/10/31 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから10年、新黄金時代の日本

バブル崩壊を見事に予測した『日はまた昇る』のビル・エモット最新作!
中国経済は恐るるに足らず。
日本の復活は本物だ!
元英国エコノミスト編集長が実証的データから日本の新たな黄金時代の到来を告げます。

日本経済はなぜよみがえったのか?
好景気はいつまで続くのか?
人口減少や格差社会など不安要素が払拭されたわけではない。
さらに中国やインドの台頭が脅威となっています。
それでも著者は、「恐るるに足らず」と力説しています。
改革は着実に成果をあげている。
日本は、“イギリスの復活劇”と同じような道を歩んでいるのだ──。
世界でもっとも信頼性の高い経済誌『エコノミスト』前編集長が、肯定的な日本の近未来を予測しています。
たとえば、「日本がアメリカ化されてしまった」といって批判する人々がいます。
しかし、そのような見方はナンセンスであるという。
アメリカにおいて郵政事業は国営であるし、日本は、一九二〇年代のほうが今よりもずっと「アメリカ的」だった。
ヨーロッパ社会から見れば日本の独自性の方が際立って見えるというのです。
さらに本書では、経済だけでなく、靖国、原爆、テロ、EU問題についても論考していて、世界潮流が見えてくる一冊になってます。


これから10年、新黄金時代の日本
ビル エモット Bill Emmott 烏賀陽 正弘

4569656390

関連商品
日本人としてこれだけは知っておきたいこと
日本人が知らない世界の歩き方
大前研一 新・経済原論
中国が世界をメチャクチャにする
私は「毛主席の小戦士」だった―ある中国人哲学者の告白
by G-Tools
これから10年、新黄金時代の日本 (PHP新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「日はまた昇る」のビル・エモット最新作 『これから10年、新黄金時代の日本』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる