いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 若者が感じる閉塞感、その原因『若者はなぜ3年で辞めるのか?』

<<   作成日時 : 2006/10/19 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

仕事がつまらない。先が見えない
若者が感じる閉塞感 その原因はどこにある?
年功序列は終わったと言われて久しい。
いまや、上場企業の約9割で成果主義が取り入れられています。
とすれば、やる気と才能、そしてハッキリしたキャリアビジョンさえ持ち合わせていれば、若くても活躍できる時代になったのだろうか。
いや、そんなことはない。
状況はむしろ逆だ。
いまの時代、汗水たらして働いても、若いときの苦労はけっして報われない。
下手をしたら、一生下働きで終わる可能性もあるのだ――「3年で3割辞める」新卒離職率、「心の病」を抱える30代社員の急増、ニート、フリーター問題……。
ベストセラー内側から見た富士通「成果主義」の崩壊の著者が、若者の視点で、いまの若者をとりまく問題の核心に迫ります。

[目 次]
はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
第1章 若者はなぜ3年で辞めるのか?
第2章 やる気を失った30代社員たち
第3章 若者にツケを回す国
第4章 年功序列の光と影
第5章 日本人はなぜ年功序列を好むのか?
第6章 「働く理由」を取り戻す
あとがき


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸

4334033709

関連商品
グーグル・アマゾン化する社会
行動経済学 経済は「感情」で動いている
格差社会―何が問題なのか
百姓から見た戦国大名
トヨタの口ぐせ
by G-Tools
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
若者が感じる閉塞感、その原因『若者はなぜ3年で辞めるのか?』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる