いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シックス・センス」のM.ナイト・シャマラン監督最新作 『レディ・イン・ザ・ウォーター』

<<   作成日時 : 2006/11/22 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版

■監督 M.ナイト・シャマラン
■出演 ポール・ジアマッティ/ブライス・ダラス・ハワード/ジェフリー・ライト/ボブ・バラバン
■ジャンル 洋画ドラマ

多種多様な人々が集まる、フィラデルフィアのアパート。
住み込みの管理人クリーブランドは、日々雑用や修繕に明け暮れていた。
そんなある夜、中庭のプールに女性が潜んでいたのを発見したクリーブランドは、彼女を自室に連れ帰って休ませる。
まだあどけなさの残る美しい彼女が一体どこからやってきたのか、何者なのか?
謎の女性は“ストーリー”と名乗り、みずからを"水の精ニンフ"だと称し、"青い世界"から来たという。
その謎を解く鍵は、意外なところにあった。
韓国人の女子大学生が語る東洋の伝説に、彼女が奇妙なほど合致していたのだ。
彼女を助けるため、クリーブランドは謎解きを開始するが、ストーリーが"青い世界"へ戻るのを阻止しようとする怪物が出現する。
使命感に燃えるクリーブランドは、アパートの住人たちの協力を得て、ストーリーを救おうとするのだが、すべては、伝説通りに動き始める……。

「サイン」「シックス・センス」などで人気を博し、世界屈指のストーリーテラーとして知られるM.ナイト・シャマラン監督による、新感覚ミステリー。
監督が2人の娘を寝かしつけるため、即興で語っていた物語から生まれました。
平凡な毎日を送る男が、"妖精"を自称する不思議な美女と出会い、恐るべき謎と恐怖に満ちた事件に巻き込まれていく姿を描いています。
これまでも自作に顔を出していた監督が、初めてメイン・キャラクター(作家のタマゴ役)で登場。
退屈な日常に突如として不可思議な存在が現われ、ごく普通の市民が奇跡を体験する筋書きは、『未知との遭遇』を彷彿とさせます。
主演は『シンデレラマン』でオスカー候補となったポール・ジアマッティ、『ヴィレッジ』で一躍注目を浴びたブライス・ダラス・ハワード。
ちなみに彼女、ロン・ハワード監督と女優シェリル・ハワードの娘というサラブレッドです。


レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
ポール・ジアマッティ M・ナイト・シャマラン ブライス・ダラス・ハワード

B000J6HYOA

関連商品
by G-Tools
レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「シックス・センス」のM.ナイト・シャマラン監督最新作 『レディ・イン・ザ・ウォーター』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる