いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テレビで放送された人気ドラマ『14才の母』が本に

<<   作成日時 : 2006/11/28 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

14才の母

日本テレビで放送された人気ドラマが本に。
わずか14才で母親になることを決めた少女の物語と、実際14才で妊娠をした少女たちのノンフィクションを収録した衝撃作です。
同世代の子どもやその親たちの中にはドラマの展開に衝撃を受ける人が多く産む産まないの選択をめぐる議論が熱を帯びているそうですね。

ストーリー
私立中学校2年生の一ノ瀬未希(志田未来)は、14歳の幼さにして、恋人との子供が出来てしまう。
しかし、運命の相手と思えた私立中学校3年生・桐野智志(三浦春馬)は頼りにならず、未希は絶望の淵に。
産む決心をするが、信じられない程の困難が待ち受けていた……

【第1章】日本テレビ人気ドラマ『14才の母』(毎週水曜日22時OA)のノベライズ。
主人公は14才の女子中学生・一ノ瀬未希。ごく普通の家庭に生まれ、ごく普通に育って、ごく普通に恋をした。
ただ同級生たちより、ほんの少し早く一線を越えて大人になった。
わずか14才で母親になることを決めた少女の、激しく、痛く、美しい成長の物語。
新しい命を生み出すことによって、彼女の中にも新しい自分が「誕生」する。
【第2章〜第4章】実際14才で妊娠をした方々に取材をし、その実像に迫った衝撃のノンフィクション。
●15才で出産をして友達にも隠しながら高校に入学。卒業し10年後にその相手と結婚をした少女のケース。
●14才で妊娠し出産するも、結局育てられず両親の子供として育てている少女のケース。
●まさか自分が妊娠するとは思わず、迷った挙げ句に堕ろしてしまった少女のケース。
※ドラマとは異なる、実在する「14才の母」たちの過程、決断、その後を取材した感動のノンフィクション。

日本テレビドラマ「14才の母」公式HPはこちら


14才の母
一ノ瀬 未希

4344012593

関連商品
by G-Tools
14才の母

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本テレビで放送された人気ドラマ『14才の母』が本に いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる