いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 自ら命を絶つことは許されるのか? 『老師と少年』 南直哉

<<   作成日時 : 2006/11/30 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

老師と少年

中高生のいじめや自殺が問題になっている今、「自ら命を絶つことは許されるのか?」「本当の自分とは誰か?」この切実な問いに、真っ向から取り組んだ注目の書です。
自分を見失いかけた少年と、生の意味を説く老師の問答が、人間存在の根底に迫ります。

本当の自分とは誰か?自ら命を絶つことは許されるのか?注目の禅僧が放つ、九夜の問答。「生きる」苦しみの根源に迫る。
師よ、ぼくは誰ですか――。
本当の自分を見失いかけた少年。
自らの魂の遍歴を語りながら、生の意味を説く老師。
9夜にわたる問答が人間存在の根底に迫る。

「人びとの苦悩に深く寄り添い、命に勇気をもたらす書」
師よ、本当のぼくは誰ですか――。
「恐山の論僧」が現代に問う、生きる意味と自分探しの智慧。
「師よ、なぜ僕は僕なのに、僕がわからないのですか」――。
「私」と「世界」の間に落ちたひとりの少年。ある夜、少年は「答え」を求めて、森の庵に住む老師を訪ねる。
自らの魂の遍歴を語りつつ、少年に生の意味を説く老師。
はたして少年は「本当の自分」を探すことができるのか?
九夜にわたる問答が「私」という永遠の謎に迫ります。


老師と少年
南 直哉

4103021314

関連商品
日常生活のなかの禅―修行のすすめ
「問い」から始まる仏教―「私」を探る自己との対話
剣と禅のこころ
お坊さんだって悩んでる
現代語訳 般若心経
by G-Tools
老師と少年

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
自ら命を絶つことは許されるのか? 『老師と少年』 南直哉  いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる