いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 「X-MEN:ファイナル ディシジョン」いよいよ

<<   作成日時 : 2006/11/01 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

X-MEN:ファイナルディシジョン 特別編

■監督 ブレット・ラトナー
■出演 ヒュー・ジャックマン/ハル・ベリー/イアン・マッケラン/ファムケ・ヤンセン/アンナ・パキン
■ジャンル 洋画SFアクション

ミュータント集団"X-MEN"を率いるプロフェッサーXの右腕だったジーンが、みずからを犠牲にしてこの世を去った。
"X-MEN"たちがいまだにその哀しみと動揺から立ち直れないなか、天才科学者によって、ミュータントの特殊能力を消し去る新薬“キュア”が開発される。
『ミュータントのまま生きるか、人間になるか』という究極の選択に、さまざまな想いを抱いて揺れるミュータントたち。
やがてマグニートー率いる"ブラザーフッド"側が、新薬“キュア”の根絶を狙って
キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。
一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが…。

アメリカン・コミックスの古典「X-MEN」の映画化第3作で、『X−MEN』シリーズがついにクライマックスを迎えます。
時間軸の描き方がこのシリーズのたまらない魅力ですが、3作目もそれは健在で、前作のラストでメンバーを洪水から救うために犠牲になったジーンの過去から始まるなど、オープニングから嗜好が凝らされていますね。
また、人類との共存を目指すミュータント集団"X-MEN"それぞれのドラマを随所に織り込みつつ、彼らが面した究極の選択と、熾烈なバトルの行方を迫真のアクション&スペクタクルなVFXで描いています。
監督は、『ラッシュアワー2』のブレット・ラトナー。彼もこのシリーズですっかりヒットメーカーとなった。
全世界で大ヒットを記録した前シリーズに引き続き、ヒュー・ジャックマンやハル・ベリー、イアン・マッケラン、アンナ・パキンらの豪華俳優陣が再集結。
また今後のハリウッドを担うティーンアクターを起用しているのにも注目です。
特にエレン・ペイジは、『ハード・キャンディー』でも難しい演技に挑戦しており、今後ブレイクの期待大ですね。


X-MEN:ファイナルディシジョン 特別編
ヒュー・ジャックマン

B000C5PNWI

関連商品
by G-Tools
X-MEN:ファイナルディシジョン 特別編 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「X-MEN:ファイナル ディシジョン」いよいよ いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる