いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界初の糖尿病小説 『シュガーな俺』

<<   作成日時 : 2006/11/15 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シュガーな俺

朝日新聞・読売新聞ほか各紙で大注目。
話題騒然、炎上寸前。
あの電子書籍@niftyでWEB連載の、世界初の糖尿病小説を単行本化。
異常な喉の渇き、原因不明の激ヤセ、全身の倦怠感。
日本ファンタジーノベル大賞作家・平山瑞穂が糖尿病治療のため、入院した経験にもとづいて執筆した世界初の糖尿病小説。
糖尿病の描写がとてもリアルで、もちろんストーリーも面白いです。
糖尿病患者と予備軍に贈る1冊です。

「タイトルの「シュガー」は、「糖」尿病の「シュガー」。これは、突如糖尿病を宣告され、入院や食事療法に直面させられた僕自身の経験に基づく、虚実入り乱れるエンターテインメント小説です。糖尿病って、名前ばかりポピュラーで、実態については意外と知られていない病気ではないでしょうか。贅沢病? 太ってる人がなる病気? いろんなものが食べられなくなる? その答えはイエスでもあり、ノーでもあります。たとえば僕自身、発症したときも今もむしろ痩せ型、誰よりも自分が一番びっくりしました。さまざまな誤解も受けました。そんな僕自身の体験を通じて、多くの人に糖尿病の正しい姿を知ってもらいたいという気持ちで、この作品を書きました。シュガーな人は「そうそう!」と共感でき、ノンシュガーな人は「そうだったんだ!」と納得できるにちがいありません。読めばタメになり、おまけに元気が出る、そんな1冊を目指しました。ぜひご一読ください! 」

@nifty独占連載小説:『シュガーな俺』(平山瑞穂)のHPはこちら


シュガーな俺
平山 瑞穂

4418065326

関連商品
忘れないと誓ったぼくがいた
by G-Tools
シュガーな俺

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
世界初の糖尿病小説 『シュガーな俺』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる