いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 今ブレイク中!和のこころ、伝統の原点をさぐる一冊 『日本人のしきたり』

<<   作成日時 : 2007/01/29 17:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心

お正月なら、初詣、鏡餅、お雑煮…。
年中行事なら、節分、土用、お月見、七五三…。
日本人の生活に根づく「しきたり」でも、その起源や意味は、意外と知らないもの。
この本は、元宮内庁書陵部主席研究官が身近なしきたりの数々を、簡潔に解説した新書本です。
四季を重んじ、人生の節目を大切にする、日本ならではの伝統に触れてみませんか?
大安、鬼門、清めの塩…縁起のしきたりも解説、また開運の参考にもなる一冊です。

四季を重んじ、人生の節目を大切にする…いまに残しておきたい伝統の原点をさぐる。
「なぜ、正月に鏡餅を供えるのか?」
「節分に豆をまく理由は?」
「厄年はなぜ男42歳、女は33歳なのか?」・・・・・・
などなど、いまに残る年中行事、伝統的なしきたりの由来をさぐる一冊。

[目次]
序章 日本人の自然観と信仰
第1章 正月行事のしきたり
第2章 年中行事のしきたり
第3章 結婚のしきたり
第4章 懐妊・出産のしきたり
第5章 祝い事のしきたり
第6章 贈答のしきたり
第7章 手紙のしきたり
第8章 葬式のしきたり
第9章 縁起のしきたり
終章 しきたりに関することわざ


日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
飯倉 晴武

4413040465

関連商品
日本の「行事」と「食」のしきたり
日本人の禁忌―忌み言葉、鬼門、縁起かつぎ…人は何を恐れたのか
旧暦で読み解く日本の習わし
日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉
日本の神々と仏―信仰の起源と系譜をたどる宗教民俗学
日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
今ブレイク中!和のこころ、伝統の原点をさぐる一冊 『日本人のしきたり』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる