いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 団塊世代に贈る“脱社会・脱女房”宣言 『 老学生の日記』

<<   作成日時 : 2007/02/08 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

63歳・東京外語大3年 老学生の日記

著者の坂本武信さんは突然の心筋梗塞から生還、勤めていた会社を59歳で退社。
本人いわく「ヒマツブシ」「ボケ防止」にと、また濡れ落ち葉はダメと妻に言われ、学生になり難解なポーランド語に挑戦。
「たった40歳」しか違わない若者たちと勉学。
ポーランドでの語学研修にも参加、各国の留学生とも交流。
若々しい心と老学生の目を通し辛辣に時にユーモラスに語られる体験談など、まさに団塊世代に贈る“脱会社・脱女房”宣言の書であり還暦の青春の書です。

[目次]
大学生活
・退職そして大学へ
・現役学生になる
・若い仲間達
わがポーランド
・初めてのポーランド語学研修
・再びポーランドへ
・余談;三たびポーランドへ
老学生の目
・賞味期限
・よ〜く考えると
・妻と娘と


63歳・東京外語大3年 老学生の日記
坂本 武信

4902970775

関連商品
養老院より大学院―学び直しのススメ
知を開き 情を養う 国語の底力
翻訳家の仕事
西田ひかる カリフォルニアの空から
脳の力大研究 人生を豊かにする脳活用法
63歳・東京外語大3年 老学生の日記 (産経新聞社の本)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
団塊世代に贈る“脱社会・脱女房”宣言 『 老学生の日記』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる