いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS この事実に目を背けてはいけない『不都合な真実 切迫する地球温暖化、そして私たちにできること』 

<<   作成日時 : 2007/02/19 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

不都合な真実

私たちが直面している気候の危機は、ときにゆっくり起こっているように思えるかもしれない。
しかし、実際にはものすごい速さで起こっています。
これほど明らかな警告が私たち指導者たちの耳に届いていないように見受けられるのは、なぜだろうか?
それを認めた瞬間に、道義的に行動を起こさねばならなくなることを知っているがために、警告を無視するほうが都合がよいから、というだけなのだろうか?
そうなのかもしれない。
しかし、だからと言って不都合な真実が消え去るわけではない。
放っておけば、ますます重大になるのです。
人類の文明はエネルギーを消費し発展し続けてきたが、反面それは地球環境を汚染する歴史でもありました。
45年後には世界人口が90億人に達すると予測されている今日、地球温暖化による危険信号が世界中で点っています。
北極の氷はこの40年間に40%縮小、今後50〜70年で北極は消滅し、水位は6m上昇。
この四半世紀の間に発生した鳥インフルエンザやSARSといった奇病、猛威を振るったハリケーン・カトリーナは、偶然起きたのではないのです。
アメリカの元副大統領アル・ゴアが地球の瀕死の症例を紹介しながら、今、人類が取るべき方法を示しています。
この本を読めば今までテレビなどで言われていた事象はほんの一部だと痛感し、環境の悪化を本当に感じられ、何か行動しなくてはいけないと思わされますね。
子供たちに未来を託すためにも絶対に誰もが読む必要がある本だと思います。


不都合な真実
アル・ゴア 枝廣 淳子

427000181X

関連商品
グッド・ニュース―持続可能な社会はもう始まっている
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
An Inconvenient Truth: The Planetary Emergency of Global Warming and What We Can Do About It
枝廣淳子の回収ルートをたどる旅
緊急レポート このままでは地球はあと10年で終わる!
不都合な真実

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
この事実に目を背けてはいけない『不都合な真実 切迫する地球温暖化、そして私たちにできること』  いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる