いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 新聞書評、テレビ…メディアで絶賛の嵐 『夜は短し歩けよ乙女』

<<   作成日時 : 2007/02/22 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜は短し歩けよ乙女

「大傑作。文句なしに今年の恋愛小説ナンバーワン」(大森望・文芸評論家)をはじめ、全国紙4紙書評、週刊ブックレビュー、王様のブランチ、2007年本屋大賞ノミネートなど、あらゆるメディアから絶賛の嵐!
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。
「太陽の塔」の鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリーin京都!
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求め、待ち伏せしていた。
しかし天然キャラの彼女は「先輩」の想いには気づかず、待ち伏せはすべて奇遇だと思い込んでいる。
そんな、二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!
天然キャラ女子に萌える男子の片想いストーリーです。

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。
吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。
我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。
「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。
「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。
二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。
天然キャラ女子に萌える男子の純情!
キュートで奇抜な恋愛小説in京都。


夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦

4048737449

関連商品
きつねのはなし
太陽の塔
四畳半神話大系
風が強く吹いている
鴨川ホルモー
夜は短し歩けよ乙女

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
新聞書評、テレビ…メディアで絶賛の嵐 『夜は短し歩けよ乙女』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる