いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳川家第18代当主が語る江戸の真の姿 『江戸の遺伝子 いまこそ見直されるべき日本人の知恵』

<<   作成日時 : 2007/03/15 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江戸の遺伝子―いまこそ見直されるべき日本人の知恵

「江戸しぐさ」など、いま江戸時代の日本人の知恵が見直されていますが、江戸時代に対する現在の認識は非常に偏向したものになっているようです。
世にも不思議な江戸時代、なぜ二五〇年も平和が続いたのか。
そあして、この時代に形作られた制度、環境、文化、教育とは?現在に息づく伝統とは?
徳川宗家第18代当主が語る江戸文明の真実とその大いなる魅力とは。
誰もが当たり前だと思っていた事実を打ち破る新たなる江戸の魅力と、日本人が大いに誇るべき先人の姿を徳川家第18代当主が語る画期的な一冊です。

[目次]
第1章 江戸時代とは何だったのか
第2章 江戸時代を生んだもの
第3章 家康公の時代
第4章 最初の百年でつくられた江戸時代のかたち
第5章 華やぐ江戸の文化
第6章 日本の宗教と心
第7章 世界の中の日本と江戸の遺伝子


江戸の遺伝子―いまこそ見直されるべき日本人の知恵
徳川 恒孝

456965830X

関連商品
図説見取り図で読み解く江戸の暮らし
日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
江戸の遺伝子―いまこそ見直されるべき日本人の知恵

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
徳川家第18代当主が語る江戸の真の姿 『江戸の遺伝子 いまこそ見直されるべき日本人の知恵』  いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる