いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月21日公開予定の映画原作本 『ハンニバル・ライジング上・下』T.ハリス

<<   作成日時 : 2007/04/08 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハンニバル・ライジング 上巻 (1)

レクター博士の人格形成に大きな影響を与えたのはひとりの美しい日本人女性だった。
ついに明かされる、精神科医にして連続猟奇殺人犯である稀代の怪物の生成過程。

我、いかにして怪物となりしか。
1941年、リトアニア。
ナチスは乾坤一擲のバルバロッサ作戦を開始し、レクター一家も居城から狩猟ロッジへと避難する。
彼らは3年半生き延びたものの、優勢に転じたソ連軍とドイツ軍の戦闘に巻き込まれて両親は死亡。
残された12歳のハンニバルと妹ミーシャの哀しみも癒えぬその夜、ロッジを襲ったのは飢えた対独協力者の一味だった……。

愛する者をすべて喪ったハンニバルは、無感動な孤児院生活を過ごす。
そんな彼を引き取ったのはフランス人の叔父ロベール。
ハンニバルはその妻である日本人女性、紫夫人の薫陶に与るとともに、その魅力に強く惹かれてゆく。
だが、凶事の悪夢は去らない――。
最年少でパリの医学校に進んだ彼は、持てる英知と才覚を駆使して記憶の一部を取り戻し、復讐すべき獣たちを狩りはじめる。

ハンニバル・ライジング 2007.4.21(SAT) 超拡大ロードショー


ハンニバル・ライジング 上巻 (1)
トマス・ハリス 高見 浩

4102167064

関連商品
ハンニバル・ライジング 下巻 (3)
幻夜
レッド・ドラゴン 決定版〈上〉
ロング・グッドバイ
明治天皇 3 (3)
ハンニバル・ライジング 上巻 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
4月21日公開予定の映画原作本 『ハンニバル・ライジング上・下』T.ハリス いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる