いまどきエンタNo.1

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類史上最高最大の知性が説く究極の人生論 『自由訳老子』

<<   作成日時 : 2007/04/11 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

老子―自由訳

団塊の世代が定年退職し始める2007年を迎え、定年後をいかに生きるかという問いが今一つの社会現象となっています。
この本は、社会の第一線で働いてきた世代に向けて、第二の人生を楽しむための指南書としての老子の思想を、分かりやすく美しい日本語で解説しています。

「腹が立ったら老子」
「競争に疲れたら老子」
「定年を迎えたら老子」

しなやかに、おおらかに生きて行くための実用書を、『千の風になって』の新井満が自由訳。ゆったりとおおらかに生きるためのヒントが詰まった、老子理解の決定版です。

[目次]

・道とは何か
・ああ情けない
・やわらかくしなやかに
・知足のすすめ
・引退のすすめ
 ほか

・真の指導者とは
・天と地と大河のように
・無用の用とは
・真の指導者は三宝を持っている
・争ってはいけない
 ほか


老子―自由訳
新井 満

402250269X

関連商品
自由訳 般若心経
95歳からの勇気ある生き方
老子までの道―六十歳からの自己発見
タオ―老子
自由訳 イマジン
by G-Tools
老子―自由訳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
人類史上最高最大の知性が説く究極の人生論 『自由訳老子』 いまどきエンタNo.1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる